2013年01月05日

ぴーめん(^^♪ ヴィレッジ・シンガーズを歌う!

タイトルにも書いたとおり、ぴーめん(^^♪の歌のルーツはGS、それも
ヴィレッジ・シンガーズです。音声ファイルをアップする方法を覚えた
ので、できるかぎりのヴィレッジのナンバーを歌ってUPして見ました。
















かつてGS界随一の名歌手(と、ぴーめん(^^♪は思っています)
清水道夫さんの歌声に肉迫できているかどうか?





posted by ピーメン at 16:42| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月02日

久しぶりの、レーナ・マリアさんのゴスペル








昨年の12月26日 レーナ・マリアさんのゴスペルコンサートを聴いて来ました。
スウェーデンのゴスペルシンガーで、クリスチャンなのに日本では長野の
善光寺にも招聘されて、ゴスペル歌っちゃった、さばけた人でもあります。

久しぶり(といってもナマで聴くのは二回目ですが・・・)
天使の歌声を聴いてきました。

posted by ピーメン at 01:36| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月30日

ぴーめん(^^♪ 演歌に目覚める!

いわゆる”演歌”にはあまり興味がなかったのですが、どのジャンルにもスゴい人はいるもので・・・

作曲家の弦哲也先生と船村徹先生。自ら作曲された歌を歌っておられる動画を見まして、カバーしたくなりました・・・













”心・技・体”という言葉がありますが、両先生の歌は”心”が
中心で、それに相応しい”技”が付いて来るという”歌唱力”に
思えます。故;淡谷のり子先生の、「歌はこころよ!」という
言葉の意味が、解りかけてきたような・・・

それと・・・
演歌のルーツは、スペインやあるいはメキシコのいわゆるラテン音楽
かも知れないと。”演歌”というジャンルは大きくは古賀政男先生から
始まったと思いますが、その古賀先生がジャズやラテン、ことにギターをこよなく愛されたとのこと。ギターやっててラテンと縁がないわけは
なかろうと・・・・

弦哲也先生のギター演奏と発声を聴いて、フラメンコギターやフラメンコの舞踏のバックで歌う歌い手の発声を連想したぴーめん(^^♪です。
自分の演歌の歌い方の大きなヒントになりました。
posted by ピーメン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月28日

白いブランコのぴーめん(^^♪

最近、ビリー・バンバンの”また君に恋してる”という歌が流行って
いるようですね。坂本冬美さんもカバーして・・・

ビリー・バンバンのファンのぴーめん(^^♪としては、この歌をカバーせずにはいられなくなりました。 ・・・ 心洗われますね・・・


















posted by ピーメン at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月25日

クリスマスプレゼント・・・


松山千春さんの”クリスマス”
千春ファンのピーメンが、これも大好きなボサノバのリズムの
千春ナンバーを歌っています。やや緊張気味でアップテンポに
なったことを除けば、ほぼ”快心の出来”でした。















↑ついでにMP3ファイルアップ 松山千春さんのナンバーをいくつか 

ウィルコムストア


日比谷花壇 フラワーギフト 母の日
posted by ピーメン at 02:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月11日

エフェソ4 ヨハネ6 使徒 15vsガラテヤ 2



gogakuさんがブログで取り上げられた聖書箇所の朗読をUPしました。
朗読を聴きながらブログを読んでみます。















posted by ピーメン at 22:50| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月08日

ローマ信徒への手紙(ロマ書) 第五章 



ニュッサさん

ロマ書第五章の朗読をUPしました。

「パウロの万人救済論」一緒に学ばせてください。


posted by ピーメン at 17:24| 愛知 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月26日

聖霊によらなければイエスをキリストと告白することはできない。(コリントT第12章)


聖霊によらなければイエスをキリストと告白することはできない。(コリントT第12章)



暗証聖句として丸暗記していた聖書箇所が、意味を持ってくる。
キリスト教世界では、全地公会議などとして、神の三位一体
(ニケヤ・コナスタンチノープル)
キリストの神性、人性(カルケドン)
で議論や神学的考察が行われて来た。

ここで大切なことは、正教会の祈祷文でイエスを、
「神の性を変えずして人となり、十字架に釘打たれ・・・」
・・と唱っており、
主イエスの神性/人性の同居(カルケドン主義)はその通りであるが、
イエスが地上におられたとき、決して自らを”神の子”と称せず”人の子”と称された。

ひたすら、私たちと同じ”人”でおられることを強調された。


♪いつくしみ深き 友なるイエスは・・・

イエスが神性をも併せ持った方であったことが弟子たちにわかったのは、
五旬節=ペンテコステに聖霊が下ってからである。

旧約時代にユダヤの民が思っていた、義の神、裁きを行う神は、まことの神のありようではなく、
一人子を賜うほどに人を、世を愛された愛の神が本当の神の姿である。

神・父が愛の神であり、全ての人々が救われ真理を悟ることを望んでおられる神を
証しするために、御子イエスは降臨された。

ひとつひとつ積み上げていくと、自然に、”万人救済の福音”に繋がっていく。

師父ピーメンから聖名を頂いた、不肖ピーメンも稚拙ながら学びを進めてきた。
神は人間の努力とか信仰とか奉仕とか、行いに関係なく愛を与えてくださっている。

どこかでつながっている、カリストスウェア府主教座下。
座下の書かれた師父ピーメンの文章から、私は聖名を頂き、
座下の示された万人救済の福音から学ばせて頂きました。

そして真摯に学びを進めて来られたわが友、HNニュッサのグレゴリオス兄。
貴兄にはこの聖名がふさわしい。カッパドキアの三聖人の一人ニュッサのグレゴリオスは、
万人救済の福音を説き、同じく万人救済の福音を説かれたカリストスウェア府主教座下の
神学生時代の寮の守護聖人のひとりと聴きました。

万人救済の福音を説く伝道者の絆が繋がって行きます。

徹頭徹尾愛の神でおられる神・父と、それを学ばせてくださった諸兄に
心より感謝いたします。

主や光栄は爾に帰す。
光栄は父と子と聖神に帰す。今もいつも世々に・・アミン!










posted by ピーメン at 05:54| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月03日

ヨハネによる福音書 第8章 朗読


ニュッサさん AVEC2CVさん

晴佐久神父のメッセージ、素晴らしいですね。
ヨハネ伝第8章 拙朗読をupしました。

何度も学びなおしてみようと思います。


posted by ピーメン at 02:19| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月21日

マルコによる福音書 朗読

ニュッサさんが、マルコによる福音書を読まれるというので、朗読の音声ファイルをUpしておきました。
ご参考になれば幸いです。訳は、新共同訳です。


































posted by ピーメン at 09:02| 愛知 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月06日

ニュッサさん、エフェソ第二章です

ニュッサさん
<福音の回復>
読ませて頂きました。
”アーメン!”という言葉に添えて、
私のヘタな朗読を聴いてやって下さい。

posted by ピーメン at 06:30| 愛知 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月02日

道・真理・いのち・・・

ジョニーさん ニュッサさん 

貴兄たちがブログで引用された聖書箇所の朗読をUpします。
自分も聖書の復習になるので・・・感謝!!


ヨハネ伝第14章 私は道・真理・いのち・・・・Logos=神のことば



「しかし、人の子が地上に来るとき、果たして信仰が見られるだろうか」(ルカ18:8)



「信じます。信仰のないわたしをお助けください。」 (マルコ9:24)




posted by ピーメン at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月25日

イザヤ書43章、41章

ジョニーさんへ  ニュッサさんへ

イザヤ書43章 41章
朗読の音声ファイルがありましたのでUpしておきます。

「私の目にあなたは高価で貴い。私はあなたを愛してる」(イザヤ43章)





「私はあなたを見捨てない」(イザヤ41章)




posted by ピーメン at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月19日

”ガラテヤ信徒への手紙” 朗読

ニュッサさん 角笛さん agnesさん そしてジョニーさん

”ガラテヤ信徒への手紙”朗読ファイルです。
”異端”を考える上での大きなヒントになる書簡だと思います。
この書簡がルターの宗教改革の原動力になったとも言われていますね。














特に2章20節の、”我生きるにあらず。我がうちにあるキリスト生きるなり”
の箇所を分かち合いたいですね。







posted by ピーメン at 04:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月16日

ジョニーさんへ・・・・

ジョニーさんがブログで引用した聖書箇所の朗読をUpしました。

「あなたの富のあるところに心がある」ってバイブルが言う通りだ(マタイ6章)。





神は人間をまっすぐに造られたが、人間は複雑な考えをしたがる(コヘレト7章)って事だ。


posted by ピーメン at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

Honesty 訳詞付

今までピーメンは、歌の歌詞を味わって歌っていなかったかもしれない。
とくに洋楽。原語の意味をわからずに上っ面だけマネしていただけかも知れない。
・・・そこで、動画の訳詞付きで勉強しなおしてみようと思います。
動画をこなれた訳詞でUPしてくれた人に感謝!

まずはビリー・ジョエル Honesty オネスティから




同じく Just the way you are 素顔のままで




続いて Stranger



そして  Piano man








posted by ピーメン at 07:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月17日

主の祈り The Lord's prayer

角笛さん

Wikipediaに正教会の主の祈り”天主経”のことが載っていました。
*********************************************************
正教会の「天主経」

日本正教会は明治期に作成された独特の文語体を現在でも使用しており、天主経(てんしゅけい)と呼ぶ。頌栄の部分は、司祭がその場に居るか居ないかで変わる。正教会では聖体礼儀などの奉神礼においてのみならず、食前や集会の始まりに天主経を用いる。多く集会の場では定められた単純な旋律にのせて歌われる。
*********************************************************

不肖ピーメンが唱えてみました。



The Lord's Prayer 主の祈り英語版 ギターで弾き語ってみました




”主の祈り The Lord's prayer”で検索していたら、
ラリー・カールトンのギターソロがHITしました。



欧米では普通に演奏されている曲なんですね。

”主の祈り”の詞は、マタイ伝6章9節より。
欧米の音楽や歌は、聖書や教会と切り離せないと思います。
ニュッサさんやピーメンを苦しめた”教会もどき”ではなく、
優れた音楽を生み出した”教会”があったのですね。


マタイによる福音書第6章の朗読も、お付き合い頂けますでしょうか?


posted by ピーメン at 20:13| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月27日

旧約聖書”ルツ記”

音楽ではありませんが、今回のMP3ファイルは聖書の朗読です。
ピーメンのクリスチャンの友人のそのまた友人が洗礼を受けられ、聖名を”ルツ”に決められたそうなので、不肖ピーメンが朗読した旧約聖書”ルツ記”を聴いて頂こうと思い、UPしました。

もぎ子さん、受洗おめでとうございます。名親のジョニーさんも聴いてやって下さい。

ちなみに、7年ほど前に永眠した私の母には、ルツと仲の良かった姑=ナオミの聖名をつけてもらいました。

******************************************
下のプレイヤーの右端の「◁ ▶ ▷」 が、「巻き戻し、再生、早送り」になっています。
        左端の「-   +」 が、 音量調整です。
******************************************

 











posted by ピーメン at 08:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

”砂漠の師父”から”砂漠の薔薇”

フィルメンくん、見てくれてますか?
ピーメンは、”砂漠の師父ピーメン”から聖名を頂きました。
権力としての”宗教”に組せず、エジプトの砂漠で孤高の信仰生活を送った方です。

我が守護聖人=Patronからの導きを受けて・・・
フィルメンくんの好きな”砂漠の薔薇”・・ビリー・バンバン
挙げておきますね。歌/音楽の究極の目的は”癒し”。”人の癒し”にならなければ、どんなに上手く歌っても、演奏しても、”やかましいどらやうるさいシンバル”に過ぎません。

どこかの教会のエラー〜い神父さまも、ご自分の”説教”が
人の”癒し”になっているか?猛省を促したいところです。




posted by ピーメン at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

こころの歌 ”夜明けのうた”

20日のポップコーンライブはハンサムピアニストえぐれあさんと
美人バイオリニスト高岡のり子さんの競演、堪能しました。
退院できた高橋千佳さんにも会えました。

最近ぴーめん(^^♪は、シャンソン歌手の故;岸洋子さんにハマっています。知り合いに中原慶子さんというシャンソン歌手の弟子という女性がいまして、中原さんは岸洋子さんと出合ってクラシックからシャンソンに替わり、その岸洋子さんはオペラ歌手志望だったのが、膠原病で入院したため断念、入院中に出会ったエディット・ピアフのアルバムからシャンソン歌手を志したそうです。

そしてぴーめん(^^♪が歌わせて頂いた”夜明けの歌”は、岩谷時子先生作詞いずみたく先生作曲で、岸洋子さんが歌った有名な歌です。
岩谷先生に師事した本田美奈子.さんは、白血病で入院中に、負傷して同じ病院に入院した岩谷先生を見舞いに行けないため、岩谷先生作詞の”夜明けの歌”をボイスレコーダに吹きこんで届けたそうです。

また白血病の美奈子さんを見舞いに来た人たちは、美奈子さんに逆に”勇気付けられた”と口々に言っていたそうですね。

ぴーめん(^^♪は、本田美奈子さんの歌う”夜明けのうた”が、岩谷時子先生を勇気付けたように、高橋千佳さんをこの歌が力づけられることを願って歌いました。また、心地よいリズムが”リトミック療法”となって千佳さんの回復に繋がらないかと思って、ひたすらリズムを取っていました。

故;淡谷のり子先生のたまわく、「歌はこころよ!」
ぴーめん(^^♪の”こころの歌”、伝わりましたかどうか・・・



・・ついでにブログ主のぴーめん(^^♪の”夜明けの歌”




ウィルコムストア
posted by ピーメン at 03:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。