2012年12月30日

ぴーめん(^^♪ 演歌に目覚める!

いわゆる”演歌”にはあまり興味がなかったのですが、どのジャンルにもスゴい人はいるもので・・・

作曲家の弦哲也先生と船村徹先生。自ら作曲された歌を歌っておられる動画を見まして、カバーしたくなりました・・・













”心・技・体”という言葉がありますが、両先生の歌は”心”が
中心で、それに相応しい”技”が付いて来るという”歌唱力”に
思えます。故;淡谷のり子先生の、「歌はこころよ!」という
言葉の意味が、解りかけてきたような・・・

それと・・・
演歌のルーツは、スペインやあるいはメキシコのいわゆるラテン音楽
かも知れないと。”演歌”というジャンルは大きくは古賀政男先生から
始まったと思いますが、その古賀先生がジャズやラテン、ことにギターをこよなく愛されたとのこと。ギターやっててラテンと縁がないわけは
なかろうと・・・・

弦哲也先生のギター演奏と発声を聴いて、フラメンコギターやフラメンコの舞踏のバックで歌う歌い手の発声を連想したぴーめん(^^♪です。
自分の演歌の歌い方の大きなヒントになりました。
posted by ピーメン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。