2009年06月12日

カラオケ喫茶で”癒し”

ぴーめん(^^♪が尊敬するスーパーシンガーソングライター
佐々木清次さん



”預言”が成就したのかも???

”歌は人を癒します。まっすぐな気持ちで歌えば、
必ずまっすぐな答えが返って来ます。”

カラオケ喫茶”セーヌ”で他にお客がいなかったので
マスターとママさんに色々話を聴いてもらっていました。
話しながら色んなウンチク(MCの練習もかねて)を披露
しながら関連する歌を歌ったりして。

セーヌのマスターは話を”聞き流して”くれるから良いんですね。
話すことで自分の頭の中が整理できる。
興味のある話は質問してくれる。興味のない話は表情でわかる。
だから相手に興味のある話をして楽しんでもらうトレーニング
にもなっているわけです。

途中で我が”ライブ友”アンモンが友人と入店。
アンモンもその場の雰囲気や流れを見て歌う曲を変えていく柔軟さを
持っています。アンモンの友人と”グッドナイト・ベイビー”を
歌っている途中、この店で知り合って、ぴーめん(^^♪のライブに
来てもらったことのあるSさんが女性を同伴して入って来られました。

・・・どうも雰囲気がおかしい。女性が何か悲しいことがあったみたいで、Sさんが一生懸命慰めている雰囲気。失礼にならないようにチラチラ見ながら、何かして上げられることはないかと思ったときに心に浮かんだのが、松山千春さんの”ピエロ”でした。



詳しい事情はわからないし知る必要もないけれど、悲しんでいる人がいれば何とか慰めてあげたい・・・

”ピエロ”を歌ったあと、女性の涙顔がだんだん笑顔に変わってきて、
「チーさま(松山千春さん)の歌、もっと歌って!」
と言ってくれました。・・・そっか、この女性はSさんとライブに来て
くれたとき、千春さんのファンだと言ってたんだっけ・・・

こんなときに千春さんの”ピエロ”、何てジャスト・フィットな
曲なんでしょうね(^_-)-☆一見クールに見える千春さんがこんな
”暖かい”歌も作っていたんですね。

リクエストに答えて、”銀の雨””炎”と続いて歌わせてもらいました。涙顔だった女性を笑顔に変えて送り出すことができました。
自分も好きな”チーさま”の曲を歌わせてもらえて、なおかつ
”癒されて”くれた。千春さんの”ピエロ”そのものの気持ちを
伝え、受けとめてもらえたことが、”ボーケリスト・ぴーめん(^^♪”
としては無上の喜びだったのであります。














posted by ピーメン at 00:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。