2008年05月26日

祝!大関琴欧洲関優勝!

http://news.livedoor.com/article/detail/3654591/

ブルガリア人(=正教会信徒)の大関 琴欧洲関が
悲願の優勝をされました。

四股名に”琴”のつく力士は、もと横綱琴桜関が開いた
佐渡ケ嶽部屋の所属です。今の親方はもと大関 琴の若関
だそうですが、創始者の親方=琴桜関は、大関から横綱に
なるまでが一番長かった横綱だそうですね。

ご自身が苦労しているだけに、力士をとても大切にされる
親方だったと聴いています。気軽に他人を裁いたり責めたり
する人は本当の苦労をしていないのかもね。
・・・そこのアナタ、どう思います?

そりゃ相撲部屋ですから稽古はキツイでしょうが・・・
竹刀や木刀で叩いたり・・・
・・・・それで”サドが嶽部屋”???違う!違う!

それどころか新弟子をいじめて死なせてしまうようなことは
この部屋ではまずないでしょうね。

創始者の横綱 琴桜 が不知火型の土俵入りでしたから
もし琴欧洲関が連覇して横綱になれたら、不知火型の
土俵入りが見られますね。長い両手を広げてのセリ上がり、
似合うと思いますよ。

・・・両手を大きく開いて 罪人をも招かれたハリストス(キリスト)
のように・・・

その雄姿を一番喜ばれるのが、天国におられるもと横綱 琴桜関
ではないでしょうか?


posted by ピーメン at 01:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

Celine Dion の My Heart Will Go On



映画”タイタニック”の主題歌 ”My Heart Will Go On”
なかなか歌の題名が覚えられないんですね。
昨夜、今池のカラオケ”再会”で会った”姫”。
”Celine Dion”で デンモクを検索して見つけましたね。

ピーメンのブログを見ると言って下さったので、
youtubeの動画を貼り付けておきますね(^^♪

ブログが”伝言板”になったけど、こういうのもアリかな?
posted by ピーメン at 04:05| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

<エッセイ ”自分自身愛するように”>


・・・・なぜ他人を”裁いて”しまうのか?”裁く”とは他人を”貶める”こと?ではなぜそれをしてしまうのか?

他人を裁いてしまう人は、自分自身好きなのか?つまり”セルフイメージが良いのか悪いのか?
松山千春さんの歌に、”君を忘れない”という作品があります。

http://jp.youtube.com/watch?v=2tqRS0Y6Qkc
♪君から教えられた 自分自身愛するように・・・・
 生きたい 人を愛したい いのちあるかぎり・・・

”自分を愛すること”とは”自分を好きになること” ”自分のよいところを認めること”ではないでしょうか?
これはいわゆる”うぬぼれ”とは似て異なるものだと思います。

”自分を客観視する”と言えば、ともすれば”自分の欠点を知り、それを戒める”意味に取られがちですが、逆に言えば、”自分の美点を第三者的な目で見て褒める”ことのほうが重要なのではないでしょうか?

ですから、女性の場合、「あなたが世界一美しい!」と言ってくれる鏡が必要だと言われます。それは男性でも同じこと。
自分の姿を鏡に写して、
「なかなか魅力的だ。」
「異性から見てカワイイ!と思われても不思議ではない!」
と思ってみることも必要ではないでしょうか?

言葉を換えれば、「セルフ・イメージを高める」ということです。

人間は、「行動によって思考が強化される。」という特性を持っています。だから「自分の美点を確認できる」行動をするべきです。小さなことでも他人に喜ばれる行動をする。・・・ムリしないために”小さいこと”のほうが良いのです。
お金や手間がかかることを最初からしてしまうと、感謝されないとともすれば”恩に着せる”ことになってしまい、却ってセルフイメージを低めます。

私の昔の会社の仲間で、そんなに突出した人物というイメージがなかったのに、独立して200人の会社の社長になってしまった人物がいます。この人の成功の秘訣は、
「”自負心という心の武器”を持つこと」
だったそうです。
これを私流に言い換えれば、”セルフ・イメージを良くすること”になります。

信仰を持つ人ならば、自分自身が「創造主の作品」のはずです。
ならば自分の美点を認めることは、”創造主の神を讃える”ことにならないでしょうか?

「あなたは神に愛されて生まれた素晴らしい人だ!」と言っておいて、
「それなのにあなたはそれを活かしていないからケシカラン!」みたいな言い方をして、相手のセルフ・イメージを低めてしまっている、
宗教家や管理職の方々には是非気をつけてもらいたいものです。

相手のセルフ・イメージを低めてしまう人は、得てしてほかならぬ自分自身のセルフ・イメージの低い人ではないでしょうか?

”私は神に愛されて生まれた、ステキな人だ。神の作品だから、神を讃えよう!あなたも”神の作品”のはず。ステキなところを探し出し、褒めましょう。それが創造主の神を褒めることになるのです!”

・・・てなことを思いついたのも、↓昨夜のポップコーンライブで
沖縄ポップスの夏風(なちかじ)のお二人がとても暖かい楽しい雰囲気でライブをやってくれたし、ステージを盛り上げるために自分たちがノリノリになって、相互に楽しかったことからでした・・・

こんな楽しい暖かいライブなら、ダウン症の子供さんが回復されるのも
わかるような・・・





そうそう、↑のライブ風景を見て頂ければ、夏風(なちかじ)の
お二人が、決して自慢したり威張ったりする方々ではないのに、
存在感があって、音楽に説得力がある・・ことがお解り頂けると
思います。”セルフイメージの良い人”をピーメンが提唱するのは
こういう”実例”の友人がいてくれるからに他ならないのであります。


posted by ピーメン at 01:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

告知!!!


告知!!!

次回のピーメンのポップコーンライブは、
5月15日(木)21:00から 2ステージです!


http://www.e-chirashi.net/shop02/0528331953/
↑「ちらしネット」のHP

只今練習中の曲:
ジグゾーjigsaw のSky high
・・・映画音楽の一曲として、またプロレス好きのアンモン
を意識して ミル・マスカラスのテーマ曲をやります。



posted by ピーメン at 04:31| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

エルム”歌声酒場”で”Just the way you are"

7日はカフェ・コンセール・エルムの”歌声酒場”
笑顔のステキな橋本奈央子さんの司会です。
ピーメンは当日、ビリー・ジョエルの
”Just the way you are 素顔のままで”という歌にハマりました。
敬愛するジャズシンガー矢頭奈穂さんのレパートリーでもあるんですよね。インターネットでギターの”タブ表”というものが検索できまして、難しいと思っていた前奏部分もマスターしちゃいました(^^♪

この歌詞がトテモ良い!!!クリスチャンのはしくれのピーメンには、
神のメッセージに思えました。

♪ボクを喜ばせようとがんばらなくって良い
  おしゃれしなくて良い 髪を染めたりしなくて良い
   ありのままのキミを愛しているヨ
 キミが困っているときに 見捨てたりはしない
  キミとボクの間には遠い距離なんてないのさ・・・

ウマく歌えるかは気にならず、とにかくこの歌を歌いたい
と思いました。歌は”生き物”ですから、歌のほうからピーメンに
寄って来てくれたと思います。

若き日に、こんな素晴らしい歌を作ってくれた、ビリー・ジョエルさんに感謝!!!!


 

posted by ピーメン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。